| 出発前 | 1日目・2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 |

ウブドの朝
朝はのんびり09:00頃目が覚める。プールの横の小さなスペースで朝食。朝食はコンチネンタル、アメリカン、インドネシアンからの選択。アメリカン・ブレックファーストをもらう。

朝飲むミックスジュースは最高に美味しい。(^^)

隣室の日本人女性は舞踊には興味無い様子だったが、昨夜のレゴンを観て感激したらしい。ウブドの良さを少し感じてくれたかな。
朝食後は前回行かなかったモンキー・フォレストに行ってみることに。

午前中のモンキー・フォレスト通りは静かでいい感じ。

モンキー・フォレスト
入場券は10,000ルピア。入ってすぐ右側に下の方へつづく階段をチャナンを持った男性が降りていったので、ついて行くと苔むした寺院と池がありました。

とても静かなで気持ちのいい空間です。
階段の左右の見事な彫刻。バリの彫刻は見ごたえのあるものが多い。
中心部付近で岩の上でじっとしている猿がいると思ってしばらく見ていると、小さな赤ちゃんを抱いていました。(^^)
あまり人が行かない裏手まで行くと「なんでこんなところに」という場所にお土産屋の長屋があり、そのまま進むとこんな石像が。まさに老猿という感じ。
老猿の先には立派な寺院があります。
敷地内には入れないようですが、はやりここはハヌマンを祭っているかな。
寺院の近くに「View Point」というサインが出ていたので、土産屋長屋の裏を通っていくと「モンキー・パレス」という展望台がありました。
「モンキー・パレス」はこんな感じの竹で組んだ展望台。上にはイスも置いてあり、以前は飲み物なんかも売っていたようです。

ここで一服休憩。
「モンキー・パレス」からの風景その1。

のどかな田園風景。
「モンキー・パレス」からの風景その2。

こちらは木がちょっと邪魔だなぁ。でも南国らしい風景です。


ジャラン・ジャラン
モンキー・フォレストから出てジャラン・ジャラン。「トロピカル・ビュー・カフェ」という所に入って休憩。マンゴージュースの味が濃くて美味しい。

ここはライス・フィールドを見渡せる景色の良さもありますが、風が吹抜けてとても気持ちがいい。値段も中心部に比べると安めかも。
歩いていると涼しげな音が聞こえたので、何か見てみると、小さな水車を使ったモノでした。

竹がカランカラン音を立てて風鈴のような心地イイ音でした。
製作中のガルンガンの飾りペンジョール。

よく見ると一軒一軒飾りの付け方が違って面白い。特にここのはきれいなピンクの紙がアクセントになっていてとてもきれい。

竹竿から垂れ下がっているのは稲穂です。
ペンジョールがたくさん立っているハヌマン通り。
お供えをあげている最中のハヌマン通りの寺院。
ハヌマン通りには寺院がたくさんあって、落ち着いた雰囲気なので、私はこの通りが大好きです。

ランチタイム
ランチはハヌマン通りの「KITA」というワルンで。ここは中華系インドネシア料理という感じ。オーナーは華僑なのかな。

店からはライス・フィールドが見渡せます。今日はこんな風景ばかりだ。(笑)
注文したのはチャーハンのチャプチャイ掛け。要するにあんかけチャーハンなんですが、これが美味しい。

アイスコーヒーはコピに氷を入れたもの。ワルンだからこんなもんでしょう。
値段は安めでたしか24,000ルピアぐらい。

ジャラン・ジャランその2
ハヌマン通りは緑が多くて、歩いていて気持ちがいいなぁ、と思っていたら・・・。
道端にところどころ新しく植えられた街路樹を発見。

こうやってどんどん植えているんですね。
ハヌマン通りでひときわ目立つ建物、有名マッサージ店「ボディ・ワークス」。

寄ってみようかと思ったが、食べたばかりなので止めておく。
トレン・ジェンガラのケチャ会場で有名なパダン・テガル集会場。

前回はここでケチャを見ました。
パダン・テガル集会場の奥。

掃除をしているおじいさんがいたので「写真撮ってもいいですか」と聞くと「アア」とよく分からない返事だったがOKと解釈して、写真撮影。(^^;
バリ・ヒンズー教の寺院らしさが濃い、というか立派な寺院でした。

ホテルに戻り、明日はガルンガン当日のため移動の車を早めに予約したほうがいいと思い、ホテルに相談するとサヌールまでのタクシーチャーターは150,000ルピアとのこと。OKして昼12:00で予約。

今日もシャワーの後にちょっと昼寝して、目が覚めるともう夕方。

夕食
夕食はサッカー場沿いに並んでいるワルンの一軒で食べることに。
フルーツの盛り合わせと、チキンカレーを注文。バリ島のチキンカレーは何度食べても美味しい。とっても満足。(^^)

食事中にサッカー場の隣の立派な建物からガムランが聞こえてきたので、行ってみるとこれからレゴンダンスが始まる、というので連日のレゴン観賞。75,000ルピア

構成はサダ・ブダヤに似ているが、演奏の迫力と踊りとのシンクロが今一つという感じでした。

舞踊観賞の後は「カフェ・ワヤン」でケーキとアイスコーヒーでデザートタイム。値段は安いがケーキもアイスコーヒーも昨夜のCiNTAの方が数段美味しい。やっぱりここはインドネシア料理を食べるのが正解っぽいです。

| 出発前 | 1日目・2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 |

旅行記のインデックスへ